FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さも論文のようなタイトルですが、内容はド素人によるただの愚痴です。



ブログではお久しブリタニア。ツイッターやニコニコで元気に生きてるセイダーです。リアルでは死んでます。

先程何かと話題な実写版鋼の錬金術師を見て、少しツイッターでは足りない程度に語りたいなと思いまして、久しぶりにログインした次第です。


私は原則として、実写化に偏見は持っていません。

近年では銀魂を始め、成功した作品も多いし、世間では批判の声が強い作品でも、個人的には十分楽しめたものもいくつかあるため(キャシャーンとか進撃とかジョジョとか)。

というか、実写化にクソ映画が多いと思われがちですが、原作の知名度が高いせいで目立ってしまうし、原作と比較するという評価ポイントが増えてしまうため、オリジナル作品よりシビアになってしまい、クソとレッテルを貼られてしまうことが多いだけと考えています。

近年某氏のおかげで比べ物にならないクソ映画も脚光を浴びているため、「実写化だからクソ」ではなく「実写化のクソは目立つ」だけということは理解いただけるかと思います。

もちろん、それで擁護しきれないクソ映画が存在することも重々承知していますが(何とはいいませんが悪魔とか龍玉とか)。


実写化が大変といわれるファンタジーでアクションな少年漫画であれ、現代のCG技術なら十分に再現可能だろうし、とりあえず私は期待していました。

試写会の感想が流れてきて、それの大半が批判的意見でも、私はそんなに気にしてませんでした。上のように、結局楽しめたことがあるわけだし。

で、いざ行ってみた結果。


・・・・・

・・・


なんとも感想しにくい作品に仕上がりました。


まず、「原作レイプだ」という意見が多々ありましたが、決してそんなことはありません。

入場者特典の対談にも載っていましたが、監督は原作の大ファンであり、エピソードどころかカメラワークまで原作の絵を忠実に再現する徹底ぶり。

オリジナル展開の部分でも、大佐があの人を燃やすとか、原作の別のシーンを意識したような要素が見られます。

余談ですが、「原作レイプといえば実写進撃」なんてのたまう輩もいますが、あれはむしろ原作者の方から漫画とは全く違う物語にしてくれというオファーを受けてのことなので、そういう批判はお門違いです。なので原作を再現しようとした鋼の比較に挙げるのも間違っています。


「登場人物のキャラが違う」という話も聞きますが、山田涼介がハイテンションに「誰がマメ粒ドチビかー!!」とモブをボコボコにしたり、蓮佛美沙子がブラックハヤテ号に銃を乱射したりされても、シュールになってしまい笑えない。クロマティ高校のように最初からギャグを前面に押し出した作品でもあるまいし。

増田が女たらしじゃないって言ってますが、あの尺の中でオミットするのは仕方ないかと。

ただし本田翼。テメーはダメだ。

しかし、原作愛が強すぎて、好きなシーンを詰め込みすぎた結果、一本の映画としてはつながりが薄く、原作ありきな作品になってしまっています。

やはりファンタジーという作品の都合上、同じシーンなら原作やアニメを見たほうがよくなってしまい、だとすればこの映画の存在価値は・・・

ただ、名シーンの総集編になっているというのはデビルマンにも言えることですが、さすがにそこまでではありません。前述の通り原作リスペクトは比べ物にならないし。

あと、原作リスペクトだけど、キャラクターの踏込みは浅いし、酸素濃度を調節して発火って設定なのに思いっきり火炎放射してたり、ところどころ甘い部分もちらほら。


また、後半からオリジナルの展開になっていきますが、「後半がだれる」という意見も。

私は以前TNGパトレイバーの感想で言った通り、違うメディアなら違う物語が見たいと思っている人間なので、後半の方がむしろ見どころかなと感じました。

ですが、そこも要所要所が原作ネタで、オリジナル展開というには軸がないような、ふわふわした感じ。ダレるってことはないんですが、振り返ってみるとあれ面白かったのかなって。


「なんで西洋ファンタジーなのにキャスト全員日本人やねん」という原作15巻でスタッフが既にツッコんでいたことに関しては。

・・・まあ、パラレルワールドだし。原作が19世紀ぽい雰囲気なのに第二次ぽい戦車出てきたり、時代設定がわちゃくちゃなように、実写世界は人種がわちゃくちゃなんだよ。そういう世界なんだよ。

映像作品である以上、キャスティングというのも重要になるし、誰も知らない外タレ雇うわけにもいかないでしょ。

実写化する以上日本人でも仕方ないってことで。じゃあ実写化しなきゃいいだろって言われると・・・

佐藤隆太のヒューズ中佐や、大泉洋、國村隼、小日向文世、石丸謙二郎あたりのオッサン勢は、非常にクオリティが高かったです。オッサンなので顔を似せなくてもいけるってのもあるけど。

あと、ラストたんのボインも素敵でしたが、ロス少尉も予想外によかったです。夏菜ってあんなにかわいかったっけ。

ただし本田翼。テメーはダメだ。

というか実写化作品でよく國村さんを見かけるのは気のせいでしょうか・・・実写化に限らず名脇役なのはわかりますが、なんか妙な安心感がありますね。私はローレライの時岡大尉とシンゴジの財前幕僚長が好きです。あれ?実写化じゃない?

ただし本田翼。テメーはダメだ。



まとめると、良くも悪くも、いちファンによる二次創作って印象なんですよね。

二次創作である以上、原作ファンでも好き嫌いが分かれるし、原作を知らないとあまり楽しめない。

私は同じ原作ファンとして波長が合ったので楽しめましたが、原作を忘れ、単体の作品を楽しみに行くつもりもあったから、その点では少し違うなとは感じました。小説のコミカライズと間違えて、スピンオフかアンソロジーを買ってしまったような気分。

二次創作なら十分良作なんですが、映画としてはどうなんだろうなー。見て悪くはなかったけど、作る必要はあったのかなー。ってことで評価は進撃と同じくプラマイゼロ。0巻が面白かったので、そこを加点してやや良作です。

ただこの0巻、メインの人が実写に出てこないってのは・・・てかスカーと少佐オミットは辛い。単品映画としては仕方ないのかもしれないけど、監督続編作る気らしいし。


とにかく、前評判は「どうせ実写化だし・・・」という偏見も多分にあるものだと思います。絶対見ろとは言わないけど、見ないで評判だけ聞いて駄作と思い込むのだけはやめてください。

映画を見て面白かったと思う人もつまらなかったと思う人も、ぜひ原作漫画は読んでみてください。どちらにせよ映画よりずっと面白いです(映画批評としてこう言うのはダメかもしれないけど)。



ただし本田翼。テメーはダメだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranomukoue.blog50.fc2.com/tb.php/2267-c665274f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。