やっぱり言うんですねそれ。



というわけで、ギンガに続いて「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」見てきました。

前回MOVIE大戦フルスロットルで2日目に行ったらもうDVD品切れだったので、当日行かないとダメだなこれってことで。

今回も素晴らしく要素がいっぱいだったので、去年のライダー大戦に引き続き箇条書きで感想を書かせていただきます。


仮面ライダー3号/黒井響一郎
タイトルでもある本作の中心人物。3号だけど一郎。ミッチーだけど変身中に後ろから撃ったりしない。
最初デザインを見た時は「1号2号と並んだら浮くだろ」と思いましたが、実際並んでみるとなかなかどうして。
FIRSTの1号2号V3みたくバッキバキに現代風にアレンジしたわけではなく、デザイナーも言っている通り「石ノ森章太郎が生きていて今ライダーをデザインしたら」というコンセプトなので、1号2号の後継タイプと言われて納得できる程度に落ち着いています。(あくまで個人の主観です)
マシンもバイクじゃなくて車というのも、後付けっぽいですがF1レーサーだからショッカーも車を与えたって感じでバイクレーサーからライダーになった1号と同じ理由だったりします。むしろ2号お前なんでバイクに乗ってるんだよ。免許も持ってないのに(中の人が)。
しかしながら、キャラがいまいちつかめない人でした。「勝つためには完膚なきまでに倒せ」とXをボコボコにしておきながら、ダディにとどめを刺そうとする侑斗に「とどめを刺す必要はない」とか言って。お前何がしたいねん。
ライダーズクレストとして1号2号と同じマークを使ってますが、あれは本来立花レーシングのマークだし、バイクをモチーフにしてるし、二重の意味でお前が使うマークじゃないだろと。かといってショッカーマーク使ってたら裏切ってないのバレバレだし、そこは何かオリジナルのマークを用意してほしかったところ。

仮面ライダードライブ/泊進ノ介
現行主人公。去年の鎧武はあんまり主人公してませんでしたが、今回はちゃんと主人公してました。
でも特筆すべきやったことが響一郎を説得したくらいで、それ以外特に何もしていないように見えたのが何とも。
最初の歴史改変時、改変に巻き込まれてショッカーサイドになりましたが、その後すぐに立ち直るし主人公補正で最初から巻き込まれなくてもよかったのでは。

詩島霧子
よく落ちるヒロインだこと。きっと夏映画でも落ちてくれるでしょう。
彼女だけなぜ歴史改変に巻き込まれなかったのか。明確に明かされることはありませんでしたが、剛のおかげということでよろしいんでしょうか。真実が知りたければ仮面ライダー4号を見ろということかな。
子供に鎖を外してもらうシーン、なぜあの少年はスカートをめくらなかったのかは永遠の謎です。私ならやってた。侑斗が隣にいても強行した。さあ同人誌を描くんだ。

仮面ライダーマッハ/詩島剛
え?


え?

魔進チェイサー
何しに来たの?

仮面ライダーBLACK/仮面ライダーBLACK RX/南光太郎
本人のバラしから最初に判明したご本人キャラ。そして誰よりも「何しに来たんだ」感が強いご本人キャラ。
久しぶり(といってもディケイド以来だからそこまでではないけど)に生身の光太郎が見れたからうれしい限りではあるんですが、何しに来たのかどんな立ち位置なのかってのがすごい適当で。
というか今回、ご本人キャラが総じて去年以上に適当なんですよね。キャラクターの個性をしっかり利用しているシーンはほとんどなく、「出てくれたから出した」って感じの人ばかりです。パンフによると脚本書いてる途中でキャスティングが決まっていったから・・・みたいなことを書いていたので他のメンツがおざなりになるのはわかるんですが、てつをは比較的初期に決まり、初期から本筋に絡ませるつもりな出方をした割に後半空気っていうとことんグダグダポジションだったから仕方ないとは言い切れないと思う。
BLACKとRXが同一人物なのってゲスト出演では初のことだと思いますが、途中どんな不思議な事があったのかも不明だし。唐突に服の色変わったと思ったら唐突にRXになった感じ。
そしてこれだけは言うまいと思っていましたが、RXに変身した時の・・・岡元次郎さんの・・・立派な・・・お腹が・・・
BLACKも次郎さんだと思うんですが、なんであんなに目立つんでしょうRXのお腹。もうそこしか見えてませんでした。リボルクラッシュ?あーしてたね。
折角トライドロンの元ネタのライドロンが登場したのでもっと活躍してほしかったですが、CGじゃ仕方ないのかな。でもレースに参加するくらいしてもよかったじゃん。チェイスブロックしてそのままフェードアウトって。

仮面ライダーファイズ/乾巧
去年からたっくん続投。こちらも出てくれたから出したって感じではありますが、元来自由に生きる性格であり、結果ショッカー陣営に属すことがおかしいと気づけたみたいな感じで個性出てます。そんなんだと天道あたりもショッカーとか絶対になりそうにないけどさておき。
使い方や演出のせいもありますが、ライダーの加速技ってクロックアップ>ファイズアクセル>アクセルトライアル>ズーットマッハ&スピスピスピード>アクセルベントってイメージです。ゆえにズーットマッハでファイズアクセルと対等に戦われるとどうも違和感。
それを言ってしまえば、時間軸を歪めるクロックアップ空間に単純に速くなるだけで体感時間は変わらないアクセルが入れるわけがないってディケイドでもツッコまなきゃいけないんですが。難しいですね加速の演出とか練習とか。
10秒しかできないのに2,30秒は戦ってたというツッコミはたまに5分くらい戦うウルトラマンの謎を解決してからだ。
ちなみにマッハにも活動限界があったことを覚えている人はどれくらいいるでしょうか。

(0w0)(0M0)(〈::V::〉)(0H0)
ダディ以外声だけとはいえ、まさかの全員本人。本当にライダー好きですねこの4人。
去年ブレイドの顔がなんか黄色くてジャックフォームに見えたみたいな話をしましたが、ギャレンもでした。クリアパーツの劣化ですかね。黄ばんでるようにしか見えない。ボールド使えボールド。
ダディが実は裏切ってたのはファンに「オンドゥルラギッタンデスカ!!」と叫ばせるファンサービスでしょうか。

仮面ライダーゼロノス/桜井侑斗
最初に画像を見た感想「誰だお前」
声を聞いたら確かに侑斗なんですが、老けましたね侑斗。中村優一が一時芸能活動を辞めており、顔を作り続けてなかったってのが原因でしょうか。剛にオッチャン呼ばわりされても文句言えない。まあ侑斗は最終的にチューリップハットかぶって桜井さんになっちゃう宿命ですが。
彼はいわゆるレッツゴーでのデンライナーズに相当するポジションであり、ど真ん中には立たずとも重要キャラになる、個人的には大好きな立ち位置に徹してくれました。
車内は出てこないけどゼロライナーも出てくるし、ベガフォームないけどゼロフォームは出てくるし、デネブとの夫婦漫才もこなしたし、ファンには見どころたっぷりでした。
でもカードを使うと記憶がどうのって話はさておいて、ゼロフォームに変身して数秒でデネビックバスター捨てるのはどうよ。デネブってもはやご飯作ってくれるだけの存在か。間違ってないな。

仮面ライダーJ
ディケイド以降彼もたびたび登場しますが、巨大戦ではやられたりディケイドに乗っ取られたり。等身大戦だとZOと区別がつかない。彼が本来の姿で活躍する日は来るのでしょうか。
今回もなかなかに大暴れしてましたが、最終戦はニンニンジャーに出番を奪われて。哀れ。

仮面ライダーW
わざわざそんなでっかいもの用意して一撃でふっとばされて終了かよ。お前去年と今年で扱い変わりすぎだろ。
リボルキャリーがありならパワーダイザーとか不知火(ヒビキさんの車)とか、もういっそウィザードラゴンに乗ってレースしてもよかったんじゃね?とか。車レースなんだからさ。バイクは極力排除してさ。さ。

立花藤兵衛
まさかの漫画版。3号が本来漫画キャラだとは聞いてましたが、ここまでとは。
ライダーが死亡後コンピューターに意識を移して生き残るってのも漫画版のネタですが、藤兵衛はテレビ版のおやっさんを知ってる人も多いから混乱するんじゃなかろうか。

ニンニンジャーのみなさん
前回トッキュウジャー(と一人だけキョウリュウジャー)が出たのは、企画立案時はまだスーパーヒーロー大戦で戦隊のスタッフも関わっており、戦隊を出さないわけにもいかなかったという話です。
しかし今回は最初からライダー中心で物語ができるとわかっていたであろうし、本当に蛇足だと思うんですこれ。
春映画をライダーオンリーにすると、1年にやる映画が戦隊2本のライダー3本になってしまい、春映画に戦隊も出すとそれぞれ3本になるからバランスが取れるってのはあるんでしょうか。
あとはコラボ商品を売らないといけないという財団Bからの圧力?今回は戦隊ないと映画で新登場するアイテムがないし。
でもだからってあれはねえ。何をどう忍術したら車が人型に変形するねん。唐突に宇宙からエネルゴンが降ってきたほうがまだ説得力あるわ。

ライダーロボ
初めてその存在を知った時私は爆笑しました。何をどうしてこうなった。
3号の肉体を得たことで変形したため、顔がライダーっぽくなったって感じの描写でしたが、3号が脱出してからもそのまんまだったしライダー顔にする必然性はそんなにないし。だったら大首領の蛇頭でも一つ目でもそれに似せた姿の方がまだ納得いったような。かっこいいんだよ。かっこいいんだけどうーん、ガンダム(特に胸のあたり)
ロボになる前から大首領は「はっはっは!これが真の力だ!」→「なんだと!」の繰り返しでグダグダというか脚本適当というか。
しかし関智の大首領声すごいですね。一瞬本人を蘇らせたのかと思った。



結論。

物語としては大変面白く、魅力も見どころもバッチリある良作だと思います。

しかしながら脚本の粗が散見して、何より個人的春映画最高傑作のライダー大戦の次ってこともあってどうしても心から面白いとは言えない感じです。

何より歴史が変わるって4年前にやっちゃってるからさ。レースにも参加してたパンツバカが落としたセルメダルのせいでさ。だからどうしても「新しい!」って思えないのがちょっとね。

素材はいいから、もっと調理を丁寧にやってほしかったかなってのが総論です。



そして入場者特典の仮面ライダー4号。

はっきり言いましょう。タイトル詐欺だろこれ。ふざけんなこれ。

映画本編で丸投げした伏線をこちらで回収するようですが、それ数量限定特典でやっちゃいけない事だろうし、結局はなんも解決されず「Dビデオ契約してね!」だし。

続きを期待させる話は嫌いじゃないのですが、すべてまるっと投げちゃうのは納得いきません。少しはエピソード1だけでも話が纏まるように作ってもらわないと。

4号が動くところがあれば評価も少しは変わるんでしょうが・・・

そして私はあえてウルトラマンシノビ15話のパクリだと主張させてもらうのでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranomukoue.blog50.fc2.com/tb.php/2189-c12156df