上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ

大橋先生とブロともになっちゃいました。

なんか気持ち良くなったので、「妹がスーパー戦隊に就職しました」を一気に読破してまいました。




結論から先に申しますと、すごい面白かったです。

「ウルトラマン妹」から読み始めたせいか、こちらもスーパー戦隊が好きな人向けかなーと思っていましたが、こちらは原作(?)要素はあまりなく、戦隊を知らない人でも十二分に楽しめる内容でした。

ウルトラマンに比べて定義が少なく、自由に物語が作れる戦隊シリーズだからこそでしょう。

「複数人でボコればそれがなんであれ戦隊」とも言えますが。


戦隊には大抵何らかのテーマがありますが、この作品、というかこの作品に出てくる「人智戦隊シュタイナー」は、ルドルフ・シュタイナーの神秘思想に基づいており、ドラマでははぐらかされている「変身方法」や「なぜ5人で戦うのか」なども明言されていて、世界観が固まっていて面白かったです。

他にも「戦隊メンバーはどうやって生計を立てているか」などもしっかり設定されています。


そして、特撮ドラマでは絶対にできないようなことも多数やっております。

特撮ではおもちゃを作るためにやらなければいけないこと(変身アイテム、武器、合体ロボットなど)という縛りがないため、かなり自由な作風です。

というかラノベ向きというか、オタク向けというか。

主人公以外のメンバー全員女性とか、変身してもマスクつけないとか、スーツも各キャラの個性に合わせられているとか。

それでもしっかり戦隊をやっているので、個人的には大満足です。



やべえ、作者さんが見ている可能性があると思うと褒める言葉しか出てこない。

えーと、設定凝りすぎてるんだよ!中二病かよ!

敵も味方も美少女で大体主人公に惚れているってあるわけねーだろ!作者の願望だろ!

妹=ツインテールってありきたりなんだよ!俺ん中じゃツインテールはエビ味の怪獣だよ!



・・・・・

ごめんなさい。全部大好きです。中二的設定(褒め言葉)もハーレムも妹ツインテも。

総合すると何もかも大好きです!ぜひ続編を!そしてアニメ化も!

大丈夫だって、ウルトラマンのアニメだってあるんだから!



というわけで、ウルトラマン、戦隊とラノベ化したので、次は仮面ライダーだな。

こうなったら俺が書くしかねーか。「妹の飛び蹴りが痛いと思ったら仮面ライダーだった」を(10秒で考えたタイトル)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranomukoue.blog50.fc2.com/tb.php/1899-d0927010
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。